« 布袋大仏(愛知県江南市) | トップページ | 福王寺観音像(岡山県真庭市) »

2005年12月16日 (金)

世界平和大観音像(兵庫県淡路市)

DSC00244

名称:世界平和大観音像
別名:淡路観音
住所:兵庫県淡路市
管理者:オクウチグループ、豊清山平和観音寺
種別:
宗派:
建立者:奥内豊吉

高さ(台座込み):100m
高さ(本体のみ):80m
材質:コンクリート
重さ:
原型師:

着工:
オープン:1982年(昭和57年)7月3日

公式サイト:淡路観音
参考サイト:淡路・世界平和大観音主なき廃墟観音 「解体に数億円」淡路島お手上げ:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)

概要:

1988年(昭和63年) オーナーが亡くなり施設は妻が相続
2006年(平成18年)2月 オーナーの妻も亡くなり施設閉鎖
以降は相続者が無く、リーマンブラザーズ系の金融機関が債権を保持
2006年(平成18年)10月 地元の津田町内会が市に全処置を要望を要望。市は「所有者の管理が原則」と返答
平成18〜19年にかけて神戸地裁で競売にかけられたが入札者なし
2008年(平成20年)9月 世界恐慌の影響で、債権を保持する金融界社が会社更生法を申請
別の会社に債権が移る?
2009年(平成21年)5月 「世界平和大観音像検討委員会」設置

・開業当初は1日2000人が訪れたこともあった
・入場料は800円だった
・奥内氏は淡路島出身で、大阪市内で不動産会社を経営
・『扶桑略記』に、淡路島に漂着した沈水香木で、595年(推古3年)に日本最古の観音像を彫った記録があるという
・その観音像を彫刻家澤田政廣(沢田政廣)氏が復元?


洲本温泉 ホテルニューアワジ

旅行ガイド【近畿】 楽天トラベル提供

DSC00040
立地

DSC00056
背中と非常階段

DSC00119
展望台

DSC00230
交通博物館

訪問:2005年8月14日
使用カメラ:SONY DSC-V1

全国の大仏・大観音等一覧表

|

« 布袋大仏(愛知県江南市) | トップページ | 福王寺観音像(岡山県真庭市) »

地域:近畿」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今日、たまたまここの公式サイトを見たら、「2月27日より本館は閉館致しております」と書いてありました。今後どうなるのか、心配です。

投稿: なるこ | 2006年4月12日 (水) 22時50分

なるこさん、こんにちは。コメントありがとうございます~。

って、うぎゃー閉館(^^;)!?
改装などの理由での一時的な閉館ならいいのですが…かなり不安。たぶん、純粋に運営コストうんぬんの理由なのでしょうね。

そういえば、昨年訪れた際に確認したところ、非常階段なんかはけっこー腐食が進んでました(爆)。こーゆー消防関係での指導があったのやも(^^;)?

ふと虫の知らせを受けて(?)、以前、淡路観音を訪れた際に宿泊した「ホテルオクウチ姫路」を検索してみると…なんとリニューアルされて、「フローラルイン姫路」という名前に変わってしまってます。経営は、オクウチグループではないっぽいです。
…ここらへんも関係ありそげな気がぎゅんぎゅんします(汗)。

投稿: KEI | 2006年4月14日 (金) 22時30分

フローラルイン姫路の運営会社は、ケイオー開発株式会社っていう会社のようです。
オクウチグループが手放したっぽいですね。
http://www.kag-plaza.co.jp/about/index.html

豊中市の「奥内陶芸美術館」の方はまだやっているのでしょうかね?

投稿: なるこ | 2006年4月16日 (日) 00時56分

関西でホテル開業を目指していたケイオー開発と、オクウチグループの利害が一致したというカンジでしょうかね。
大観音のほうは、運営費もかさむでしょうし、そろそろ徹底的な改装・改修も必要だから、内部で色々な意見が出ているのだろうと推察します(^^;)。

奥内陶芸美術館のほうはどうでしょうね。僕も近くに行ったら寄ってみようかなとか思ってた時期もありましたが…なかなかそう都合よく行く機会はありませんね(^^;)。検索してみる限りでは、特に閉館の情報は見当たらないようではありますが。

そうそう、以前に情報を頂いていた島根県の「有福温泉大仏」に行ってきましたので、近いうちにまたこのブログにアップしたいと思います(^^)。

投稿: KEI | 2006年4月18日 (火) 00時14分

ここ数年前を通るたびに気になってました。
そしたらなんと門が開いてるではありませんか!
恐る恐る中に入っていくと自由の女神がお出迎え(*_*)
さらに奥へ進むと機関車が!!!
建物内を封鎖していたものが何者かにブチあけられてました。
さすがにこれ以上中に入るのはばちがあたる??ので退散しましたが・・・

投稿: パイプマン | 2011年3月 6日 (日) 21時08分

>パイプマン様

コメントありがとうございます。一瞬、平和大観音復活かと思いましたが、そうはうまくいかないようですね(^^;)。
閉鎖は残念ではありますが、封鎖をぶち破っいる人がいるというのはもっと残念な感じもしますです。

投稿: KEI(ブログ主) | 2011年3月 9日 (水) 11時48分

うわーなつかしー!!
二十年以上前から淡路に行くたびに行ってました。
一階でお百度参りしてから地下の車見て、上の階の時計やら兜やら瀬戸物やら絵を見て、レストランでカレーライス食べて淡路の土産物買って、展望台から望遠鏡で景色を楽しむのがパターンでした。
とにかく人が多かったけど楽しかったです。
閉鎖は残念ですね。

投稿: 神戸須磨男 | 2012年7月26日 (木) 23時21分

神戸須磨男様
コメントありがとうございます。

営業華やかなりし頃の状況というのは想像するしかなかったのですが、貴重なお話を教えて頂けて、僕の脳裏にも、もう少しはっきりと光景が映る感じになりました。

投稿: KEI(ブログ主) | 2012年9月15日 (土) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界平和大観音像(兵庫県淡路市):

« 布袋大仏(愛知県江南市) | トップページ | 福王寺観音像(岡山県真庭市) »