« 「千と千尋の神隠し」のアイコン追加 | Main | 口裏あわせ »

2001.07.29

ハリー・ポッター

「ハリー・ポッターと賢者の石」を読みました。よく考えて作り上げられた世界や展開は心地よいです。特にキャラクターが秀逸。ハリー&ロン&ハーマイオニーの三バカトリオは言うに及ばず、マルフォイやネビル、ハグリッドや先生方、ヴォルデモートなどなど、各人各様の描写は、ほんとに活き活きとした魅力を放っています。同時に、世界も展開もキャラもありがちなモノだったりもします。安っぽいというワケでもないですが、うまく作りすぎというかなんつーか、ハリウッドのエンターテイメント映画風とでもいいましょうか(^^;)。
 でも、売れるのがよく分かりますね。ひ弱だったハリーの活躍ぶりは観ていて心地ヨイですし。この作品の文章自体も好きですし。
 逆になぜ売れているのか分からないのが、「チーズはどこへ消えた?」です。これこそ子供向けのような気もします。たいして中身も無いのに啓蒙的なのが"痛い"っ。

|

« 「千と千尋の神隠し」のアイコン追加 | Main | 口裏あわせ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハリー・ポッター:

» ラブ☆コメ映画の金字塔w「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 [好き。]
 今回のハリー・ポッターは、最終章へ向けての準備色も強い感じでしたかね。起承転結 [Read More]

Tracked on 2009.07.18 09:39 PM

« 「千と千尋の神隠し」のアイコン追加 | Main | 口裏あわせ »