« The Day in Hiroshima | Main | The Day in Nagasaki »

2001.08.06

The Day in Hiroshima(2)

 以前、テレビ番組で、広島の原爆ドームが、なぜあのカタチで残ったのか解説されていた。
 元々の産業奨励会館は、まあ、おおざっぱに言って、普通の四角い建物の真中あたりにドーム型の屋根がついているという設計。その建物全体のうち、このドーム型の屋根の下部にあたる部分だけが、原爆投下による倒壊をまぬがれ、「原爆ドーム」として今日に保存されている。なぜその部分だけが残ったかというと、そのドーム型の屋根が溶けやすい銅で出来ていたからだという。原爆投下後、爆心地直下数百メートルの範囲では、地表温度が4000~6000℃に達したとされています(太陽の表面温度が約6000℃)。その熱を受け、ドームを形成していた銅板が溶け、その骨組みだけが残り、直後の爆風による倒壊をまぬがれたワケです(その他の部分は、真上からの爆風の直撃を受け倒壊)。

 海外の人が日本の被爆者運動などを見て、"アメリカへの憎しみ"ではなく、あくまで、"地球的規模の核廃絶"という目標が根源にあることに驚くという。このあまりに純粋すぎる目標は、歴史の美化や正当化と同様の根を持っているにせよ、その目標をかかげることが出来る精神は、賞賛に値すると感じます。

|

« The Day in Hiroshima | Main | The Day in Nagasaki »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Day in Hiroshima(2):

« The Day in Hiroshima | Main | The Day in Nagasaki »