« 「正しい戦争なんて無い」けれど… | Main | ごふっ »

2003.03.21

ご愁傷様

 バグダッドの病院に収容された男性。両膝から下にギプスと包帯。曰く、「足元に爆弾が飛んできた」
 ま、まぁ、爆弾が落ちてきた時は(体験したことありませんが^^;)、実際は遠くに着弾してても、近くに感じてしまいがちでしょうねぇ。実際は10メートル先に落ちたのに、1メートル先に落ちたように感じた…みたいなカンジで。

 しかし、バグダッドに、爆弾は落とされてるんでしょうか。いや、もちろん、いっぱいミサイル飛ばして、誤爆もいっぱいあるでしょう。でもねぇ、今んトコ行ってる攻撃では、そんな小さな爆弾は、あんまし落としてなさげな気がするんですが。いや、落としてるかもしれませんけど、想像した限りではそんな気もするなぁ、と。
 この男性をケガさせた(ケガがホントだとして)物体のベスト1(?)と思われるのは、"イラク軍の対空砲火のカケラ"。上空5000メートルから落ちてきた10cmのカケラは、けっこう破壊力ありげです。あんまし首都の真上に向けて撃つもんじゃないゾ、という気が。

|

« 「正しい戦争なんて無い」けれど… | Main | ごふっ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14652/11224181

Listed below are links to weblogs that reference ご愁傷様:

« 「正しい戦争なんて無い」けれど… | Main | ごふっ »