« 暴力団=スネ夫 | Main | 車にうす »

2004.02.22

暴力団=スネ夫

福岡で拳銃発砲3件、組事務所や民家など
 この手のニュース見るたびに思うんですけど、暴力団が銃を持つことって、スネ夫くんが高価なおもちゃをのび太に見せびらかすようなもんですよねぇ。
 のび太がミニカーを持っていたら、自分はパパに買ってもらった高級ラジコンカーを見せに来る、と(笑)。お金とツテがあるからって、相手よりも強い武器をたくさん持つ。で、使えることを見せびらかす。何の違いがあるんだか、マヂで分かりません(^_^)。

 銃の数と構成員の数が自分達の強さの証明になるんでしょうか? 銃の数がゼロで、構成員が少ないほうがカッコイイですよ。
「構成員ウン万人だゼェ!? チャカもたくさん持ってるぜ!! グヘヘ」とか言ってる方々、オブラートに包んだ言い方をさせて頂きますが、"バカ"みたいですよ?(注:どんなに包んでも、これが精一杯の柔らかい表現です(笑))

 自分の身ひとつ、誰の後ろ盾も借りずに勝負して下さい。
 最近は様々な格闘技がブームで、各団体合同の大会も開かれています。ここはひとつ、それぞれの暴力団から代表を選出して、夕陽に照らされた利根川の河原などで格闘大会を開くというのはどうでせう?
 テレビ局などから膨大な放映権料を得ることが出来ますし、日本全国津々浦々まで、あなたの組の強さをアピールできます。オススメv ゆくゆくは、K-1などとの合同大会も出来るといいですねっ♪

暴力団事務所排除の法理 著者: 日本弁護士連合会
民暴事件の実態と対策 具体的事件の教訓とこれからの暴力団対策 著者: 村橋泰志先生還暦記念論文集刊行委員会
希望の朝 決定版マンガ改正暴力団対策法 著者: 警察庁暴力団対策法研究会
暴力団110番第2版 基礎知識からトラブル事例と対応策まで 著者: 日本弁護士連合会
暴力団フロント企業 その実態と対策 著者: 名古屋弁護士会
業界別民暴対策の実践 「暴力団排除条項」の法理と活用 著者: 第一東京弁護士会
ヤクザが店にやってきた 暴力団と闘い続けた飲食店経営者の怒濤の日々 著者: 宮本照夫
それでもヤクザはやってくる 暴力団vs飲食店経営者のあくなき闘い 著者: 宮本照夫
ヤクザが恐喝りにやってきた 暴力団撃退マニュアル 著者: 宮本照夫
最新日本ヤクザ地図(2002年版) 指定暴力団24団体

なぜ?「学校周辺が猟場に」 甲西高・流れ弾事件
 一般市民にも銃は必要無いと思うんだけどなぁ。狩猟禁止区域がどうとかゆー問題ぢゃないでせう。

|

« 暴力団=スネ夫 | Main | 車にうす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 暴力団=スネ夫:

« 暴力団=スネ夫 | Main | 車にうす »