« ニンテンドーDS 最終デザイン決定? | Main | 架空請求ハガキの注意点まとめ »

2004.07.30

法務大臣許可の債権会社が、出会い系サイトやツーショットダイヤルの利用料金を請求することはない(!?)

琉球新報|「大臣許可の債権回収ですが…」 架空請求相次ぐ

 琉球新報のサイトで見た記事なのですが、その中に気になる一文が…。

法務大臣許可の債権会社が、出会い系サイトやツーショットダイヤルの利用料金を請求することはない

 という法務局のコメントです。

 出会い系サイトやツーショットダイヤルを、ちょいとばかし利用した経験があるせいで、架空請求にドキドキしちゃってる方々には朗報でせうか。何万、何十万以上の金額を滞納しても大丈夫かどうかは知りませんが、上記のようなコメントがあることも覚えておいて損はないのではないでしょうか。

 てゆうか、架空請求詐欺の被害が続出してるんだから、"法務大臣許可の債権会社"の実態ってのを、国民に広く知らせる義務ってのがありそうな気もしますが…。おそらくは、会社同士の取引とかみたいな、デカいヤマを受け持ってるんでしょうけど。

|

« ニンテンドーDS 最終デザイン決定? | Main | 架空請求ハガキの注意点まとめ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 法務大臣許可の債権会社が、出会い系サイトやツーショットダイヤルの利用料金を請求することはない(!?):

« ニンテンドーDS 最終デザイン決定? | Main | 架空請求ハガキの注意点まとめ »