« 南道路|問題は橋かトンネルかなどではないでせうに… | Main | 容量ぴーんち! »

2004.08.31

読了|ダーリンは外国人(1)(2)

 それほど買う気は無かったのですが、本屋に入って出てみると買ってしまってました(^^;)。絵が良かったのと、"トニー"のキャラがよさそうだったからでふ。

ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。 ダーリンは外国人(2)

 2冊まとめて買ってたり。

"ハンガリーとイタリアの血を受け継ぎ、アメリカで教育を受け、日本にやってきた男"であるトニーさんと、漫画家の小栗左多里(おぐりさおり)さんがご結婚。てなマンガ。

 読んでみたカンジでは、小栗左多里さん自身が書いておられるように、意識的に無意識的に"外国人"という枠組みでのネタではなくなっているカンジ。ヒトとヒトとのぶつかりあいっつーと大げさ過ぎるかもしれませんが(笑)。
 このマンガの最大の魅力は、小栗さんとトニーさんのキャラクターの対比。草食動物系のおだやかな性質のトニーさんと、小型肉食獣(失礼^^;)を思わせるチャキチャキな小栗さんのヤリトリ。それがすんごく面白い。よくよく考えてみると、たんなるノロケ話な面もないではないですが、そーゆー感慨をも吹っ飛ばす日常のエピソードの数々。

 一番好きなネタは、小栗さんがトニーさんにイヂワルをするってぇシリーズですね(爆)。今後もたくさんイヂワルして頂きたいモノです♪

 そうそう、絵の魅力もデカい! 小栗さんの描く小栗さん(笑)やトニーさんは、ホントに独自の命を持ってイキイキと動いてまふ。悲しむトニーや「おだやか光線」を放つトニー、イラついている小栗さんやイヂワルをたくらんでいる小栗さん…素敵すぎです。

 あと、"おかん"が強力なのはお約束でしょうか(^^;)。

 小栗左多里さんのサイト→小栗左多里ウェブ

 トニーさん主催NGOのサイト→ISSHO Kikaku

|

« 南道路|問題は橋かトンネルかなどではないでせうに… | Main | 容量ぴーんち! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了|ダーリンは外国人(1)(2):

« 南道路|問題は橋かトンネルかなどではないでせうに… | Main | 容量ぴーんち! »