« 日本国憲法第九条 | Main | 恋の門/松尾スズキ »

2004.10.23

BSE全頭検査緩和に向けて

 20ヶ月齢以下の牛に対するBSE検査は任意のモノとする。
 全頭検査を続ける国内の業者には、その検査費用を全額補助する。

 国内の全頭検査体制は崩さず、アメリカ産牛肉の輸入を再開させるにはうってつけの方法ってカンジでしょうかね(^^;)。

 とりあえず、全頭検査したからといって、BSEに感染した牛を100%発見できるワケではないことを「安心」にこだわる方々には肝に銘じてもらいたいものです。
 元々の観点からいえば、BSEを問題視する最大の理由は、牛への健康被害にあるよーな気もしないでもないのですが(^^;)。

|

« 日本国憲法第九条 | Main | 恋の門/松尾スズキ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14652/1751979

Listed below are links to weblogs that reference BSE全頭検査緩和に向けて:

» 世界初、生体牛テスト開発News & 別件で感度10倍、費用1/10のテストも [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■「世界初の生体のままでのBSE検査法開発」ニュース 笹山登生さんの掲示板より、笹山さんからのご紹介です。 http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi サイト http://www.newswire.ca/en/releases/archive/June2005/16/c2783.html によると、この画期的検査方法を開発したのは、 Vacci-Test(TM) Corporation  http://www.... [Read More]

Tracked on 2005.06.20 at 07:51 PM

« 日本国憲法第九条 | Main | 恋の門/松尾スズキ »