« 「九条の会」 3月に広島で講演会 | Main | 広島市長が北朝鮮に抗議文 »

2005.02.10

「拳銃で自殺もしくは他人を傷つける恐れがある」とはどういう状態なのか?

異動は告発の報復で不当 愛媛県警巡査部長が提訴

 愛媛県警で不正支出があると内部告発をした巡査部長。
「適材適所」「拳銃で自殺もしくは他人を傷つける恐れがある」との理由で、通信指令室企画主任に異動を言い渡されたそうです。
 訴えは、その異動は内部告発に対する報復であるからして、愛媛県に損害賠償を求めるというもの。

 事件自体の詳細はよく知りませんが、「拳銃で自殺もしくは他人を傷つける恐れがある」という理由がよく分かりませんよね~。そのような心身状態の人なら、異動よりも休暇が必要な気がするのですが(^^;)。あと、そのような判断を下したのは、医師なのかどうかとか。

ECCスーパーニュース|愛媛県警捜査費不正流用疑惑

 上記の事件を追いかけてまとめているページ。気が向いたら読んでみやう♪

|

« 「九条の会」 3月に広島で講演会 | Main | 広島市長が北朝鮮に抗議文 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14652/2871229

Listed below are links to weblogs that reference 「拳銃で自殺もしくは他人を傷つける恐れがある」とはどういう状態なのか?:

« 「九条の会」 3月に広島で講演会 | Main | 広島市長が北朝鮮に抗議文 »