« HP開設七周年 | Main | 迷惑メール|Re:PCソフトが超激安!!最安値に挑戦。 »

2005.07.05

郵政法案、優勢(寒っ)で僅差の判定勝利

 世界の政治の場の標準とか、日本の政党政治のやり方とか色々あるとは思いますが、「造反者」に対して処分するなんてぇのは、有権者無視も甚だしいと思うワケで。まぁ、政治家の一部は、"その人自身"でなく、"党"への投票によって当選しているワケではありますが。

 ともかく、反対でもなく賛成でもなく、判断放棄な人も一部いるにはいましたが、郵政法案は僅差で可決。過疎地の郵便局が無くなって弱者はますます困るとか言われてますが、もしそうなら、そういった地域には色々特例を出せばいいじゃん、てなハナシ。弾力的運用でいきましょう。

 郵政民営化問題も大きな問題かもしれませんが、もっと大きな問題は、今回のような国の意思決定の場のあり方だってぇのを忘れないようにしたいもんです。
 有権者が選んだ議員が、一部のグループによって、政治活動の場を狭められたりしては…それも、まるで懲罰のごとく…ちょいとアレなワケです。そのような処分があるのを納得ずくで党に入ったとするなら、そもそもの問題として、その議員に投票した有権者の選択ミスでもありますが。その場合は、次回は別の候補に投票するのも手です。
 あと、他国がそうだからといって、二大政党万歳ってのもおかしなハナシ。
 公明党の政教分離問題もアレなカンジ。こちらも、そもそものハナシとして、完全な政教分離は不可能だから、公明党のばやいもアリとか言われてるんでしたっけ。でも、だからどうなのかと小一時間。大げさにいえば、人類は宗教に大きな地位を与え過ぎちゃってるのが問題なのですよ。宗教が政治に口を出せるとしたら、戦争が始まりそうな時にちょいと「戦争反対」のコメントを出すくらいのもので十分。自前で政治家を当選させたり、自分トコの子分になってくれそうな人間に票を入れたりとはおこがますぃ。さらには、自分の宗教団体内で、"あなたのグループは○○に票を入れること"なんてのはもってのほかです。

 とある問題に対して、政治が正しい判断を下せるかどうは、その判断プロセス自体の妥当性が重要になってくるハズです。今回の郵政民営化にしたって、それ自体は、今回賛成されようと否決されようと、たいした問題ぢゃありません。
 そのプロセス自体の妥当性に注目しておきましょう。

 …にしても、今回の投票結果を邪推すれば、"反対派"と"賛成派"双方の顔を立てたンぢゃないかとか言えなくもないやうな(爆)。

|

« HP開設七周年 | Main | 迷惑メール|Re:PCソフトが超激安!!最安値に挑戦。 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 郵政法案、優勢(寒っ)で僅差の判定勝利:

« HP開設七周年 | Main | 迷惑メール|Re:PCソフトが超激安!!最安値に挑戦。 »