« 「現代韓国茶道」の歴史を勉強中です(笑)3 | Main | 広島小一殺害事件 情報の通報を! »

2005.11.22

余計なお世話か

 先日、コンビニに行った時のこと。

 入り口を入り、その入り口脇に陳列された雑誌の表紙を眺めつつ、店の奥に向かおうとしてたんですよ。
 そしたら、車椅子の男性(30代なかば位?)が、店に入ろうとされてるのがドアのガラス越しに目に入りました。

 入り口のドアは自動ドアでなく、手でヨイショと引っ張ったり押したりして開ける観音開きタイプ(?)のもの。

 ここで、すかさずドアを開いて、自然な笑顔で「どうぞ」とか言えるような人間でもないワタクシめは、「ドアを開けるのに手間取る様子が見えたら手伝おう」とゆー消極的な姿勢で、扉脇で待機。

 見ていると、男性はドアをマックスまで開いて(最大まで開くと開いたままになる)、スムーズに入店されました。

 僕は男性のスムーズな所作に感心したまま止まってましたが、男性と顔見知りらしき店員の方が、ここで気付いて走り寄ってこられました。

 笑顔で「いらっしゃいませ」と言って、男性の入店をサポートしつつ、ドアを閉める店員さん。

 あ、そうか。開けるのはスムーズでも、閉めるのは車椅子の方にはムズいやも。てゆうか、確実いムズいな。

 男性と店員のスムーズかつスマートなやりとりを見つつ、あらゆる点で後手に回る自分の姿と重ねつつ、ええもん見させてもろた的な爽やかな気分と、どんよりとした自己嫌悪の気分を同時に味わいつつ、コンビニを出ました。

「余計なお世話か」と思う気持ち自体が余計なお世話か、とか思いつつも、やっぱり自分の殻に負けてる今日この頃でふ(てゆうかいつも負けてますが^^;)。

|

« 「現代韓国茶道」の歴史を勉強中です(笑)3 | Main | 広島小一殺害事件 情報の通報を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 余計なお世話か:

» ぎこちないなりの対応策 [好き。]
OhmyNews:ぎこちなく「席を譲る」日本人 さらに観察すると、譲る側の人がニ [Read More]

Tracked on 2006.12.12 12:01 PM

« 「現代韓国茶道」の歴史を勉強中です(笑)3 | Main | 広島小一殺害事件 情報の通報を! »