« 社会不適合サイトですたorz | Main | [寄生虫キムチ]韓国業者の受けた被害は不当なものなのか? »

2005.12.01

[広島女児殺害]ペルー国籍の男性を逮捕

中国新聞・地域ニュース|DNAが一致 広島女児殺害

遺体の服などについていた物証が、逮捕されたペルー国籍の職業不詳フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ容疑者(30)の唾(だ)液のDNA型と一致していたことが一日、県警捜査本部の調べで分かった。

 望外に早い展開だったと捉えるべきでしょうか。

 新聞の一面におどる「ペルー人」という単語に、なんだか実感がわきません。

中国新聞・地域ニュース|ピサロ容疑者 女性に声掛けも

十一月一日、引っ越してきたばかり。「好青年」「おとなしい普通の青年」との印象がある一方、無断欠勤も多く、家の前などで女性に声を掛ける姿なども目撃されている。

 このような声を、捜査員の方々は事件直後から数多く聞いていたのでしょう。「ガイジンだからといって怪しむのは下劣な行為」とふと思ってしまう方も、少なからずいるとは思います。

 元勤務先の社長さんの「ブラジル人に比べると、職場でペルー人は少なく母国語のスペイン語の話し相手がいない環境に置かれる例も多い。日本語も片言で、孤立していったのだろうか。残念だ」というハナシに、同情の念もわきます。妻と子を国に置いて、親類を頼って来日しての労働。孤立することなく働き続けることが出来ていれば、彼もこんなことをしなかったのではないか…との思いも消せません。

Sankei Web 産経朝刊 広島・小1女児殺害 ペルー人逮捕 「欠勤多く不まじめ」 週末ディスコ通い(12/01 05:00)

同県内には、同様に働きに来ている同容疑者の親族が二十人ほどいたらしい。
(中略)
 元同僚のブラジル人男性の妻(40)は「勤務態度は不まじめ。女性の従業員としゃべってばかりいて、男性とは話もしなかったから、男友達はいなかった。無断欠勤が多いくせに、定時になるとあっという間に帰った」。週末は近くのディスコに繰り出し、一晩中遊ぶ姿も見られたという。

 一方で、このような情報もあります。

 彼がどんな人間であったのか、知っておかねばならない。そんな気がしています。

Sankei Web 産経朝刊 広島・小1女児殺害 日系ペルー人逮捕 不法就労、治安の盲点(12/01 05:00)

広島市の女児殺害事件は、外国人労働者の増加が犯罪の凶悪化など危険と隣り合わせになっている実態を浮かび上がらせた。欧州などでは外国人労働者の大量流入が社会問題化しており、日本でもこうした問題が深刻化することが懸念される。

 深刻な問題でありながら、色々となし崩しの状態にあるような気がする外国人労働者の問題。

 外国人労働者をたとえば次の三つに分類してみましょう。

1.合法に入国しまじめに働く
2.違法に入国しまじめに働く
3.犯罪をするために入国

 まじめに働かない人もいるかもしれませんが、それは日本人でも同じということで、とりあえずこのような分類で。

 3はまず論外。

 1のような人間なら、様々な支援を行ってあげたい気がします。
 しかし、外国人労働者全てがそうでないにせよ、社会常識が違い、経済基盤が脆弱で、地域で孤立しがち…といった傾向はあると思います。あえて悪く言うなら、ちょっとしたことで犯罪に手を染めやすい環境にあるワケで。国内での労働力自前確保をあくまで推進しつつ、外国人労働者の受け入れ体制との妥協点を見出していくしかないでせう。

 2のような人たちはどうでしょう。日本在住のペルー人は5万人とかだそうですが、かなりの割合で書類を偽造して日系人を装って入国しているそうです。そのような現状に対し、日本が取るべき行動はなんでしょう。

平成6年 警察白書|第2章 国際化社会と警察活動

偽造文書を使用して合法滞在に見せかけていた外国人の検挙は、44人に上り、国籍別にみるとペルー人26人、韓国人9人、中国人9人の順となっており、ペルー人による文書偽造事件のほとんどは、在留資格変更許可証印を偽造して日系人を装うためのものであった。

 データとしては古いですが、文書偽造について書かれてあったので引用。たとえ生活上の理由があるにせよ、書類を偽造して入国してきた人を、どれだけ信用して、どれだけ支援するべきなのでしょうか。

 淵上英二氏によると、日本で働く出稼ぎのペルー人4万人のうち、3分の2は偽造書類を使って密入国した人間だそうです。こういった話は、予想と想像の範疇でしかありませんが、実態が垣間見えるようにも思えます。

 ピサロ容疑者の祖父は沖縄出身なのだそうです。何かやるせない気がします。

 この事件を、たんなる"外国人労働者による事件"として終わらせてしまっては、何も教訓が残らないようにも思いますが、「地元ぐるみの防犯が大切」という観点も、どこか的外れのようにも思います。モラルを失った日本社会のせいで凶悪事件が起きているというハナシも、犯人が外国人の事件では、直接には関係ナシ。

 これで事件解決(まだ未確定にせよ)なのに、なにか、妙なシコリが僕の中に残っています。

好き。: 広島小一殺害事件 情報の通報を!

|

« 社会不適合サイトですたorz | Main | [寄生虫キムチ]韓国業者の受けた被害は不当なものなのか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14652/7415023

Listed below are links to weblogs that reference [広島女児殺害]ペルー国籍の男性を逮捕:

» 制服の汗とDNA一致 広島女児殺害 [不細工な不ログ]
広島市安芸区で下校途中の小学一年木下あいりちゃん(7つ)が殺害された事件で、女児の衣服から微量の汗が検出され、DNA鑑定の結果、逮捕されたペルー人フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ容疑者(30)のものと一致したことが一日、広島県警海田署捜査本部の調べで分かっ..... [Read More]

Tracked on 2005.12.01 at 08:36 PM

« 社会不適合サイトですたorz | Main | [寄生虫キムチ]韓国業者の受けた被害は不当なものなのか? »