« 貝の中の観音像 | Main | 森類臣氏の平壌滞在記 »

2007.01.17

「死ぬ死ぬ詐欺」を許さない

まいまいクラブ - ネット君臨 : 掲載記事(1月1日1面)難病児募金あざける「祭り」 by まいまいクラブ

 インターネットの利用者は国内で8000万人を超える。便利さや効率をもたらす一方、私たちはネットに依存するあまり、いつの間にか支配され、何かをなくしてはいないだろうか。

 危機感を持ったマスコミが、正月から心機一転頑張ろうとしているようです(笑)。
 でも、何かが違うとゆーかなんとゆーか、非常な違和感ありあり。

 それはそれとして、「死ぬ死ぬ詐欺」に関連して2ちゃんなどを批判する人も、どうも何かが違うとゆーかなんとゆーか、これまた非常に違和感ありあり。

「募金した後は、どう使われるか批判するべきではない」

 …うーん(^^;)。

 なんのおハナシだったか忘れましたが、ちょっと思い出した(というか思い出しきれてません^^;)のが、以下のようなカンジのエピソード。

A「うちの親が病気で死にそうなんだ。お金貸してくれよ」
B「いいですよ。ほら、どうぞ」
A「ありがとう。恩に着るよ」(A立ち去る)
C「おいおい金渡しちまったのかよ。あいつの親はピンピンしてらぁ」
B「そうですか、病気じゃないんですね。良かった!」

 ウロ覚えと言うことさえはばかられるほどのウロ覚えなので、シチュエーションとか色々と全然違うとは思いますが、おおむねこんなカンジのハナシ。あんまし覚えてませんが、たぶん、そこそこ知られているハナシだと思います。

 小額ならともかく、億単位の募金を集めて、その後の使途があやふやになるってぇケースは、「めでたしめでたし」とはいかないですよね。

「募金したい人はする。したくない人はしない」

 これは正論。

 では、何を根拠に募金する・しないを決めるのか?

 それは「情報」です。公開された情報を元に、募金する・しないを決めるのが、あるべき姿だと思います。

 現状はどうか?

「さくらちゃんを救う会」のケースにおいては、「宣伝力」によって多くの金額が短期間で集められました。「情報」によってではありません。

「さくらちゃんを救う会」が「死ぬ死ぬ詐欺」だとは言いません。

 しかし、「さくらちゃんを救う会」のようなやり方を完全に肯定してしまうならば、「死ぬ死ぬ詐欺」の温床が増えてしまうのではないでしょうか。

Sony Style

|

« 貝の中の観音像 | Main | 森類臣氏の平壌滞在記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

2ヶ月前さくらちゃん基金を作ったらしいのですが、救う会公式サイトで全く報告がありません。謎は深まるばかり。

さくらちゃんを救う会 事務局から
http://www.sakurahelp.com/re-contents/jimukyoku.html
>会計報告(支出報告)を更新しました。 (08年8月3日)
>支出報告を更新しました(6月末分まで)。6月の出納はありませんでした。

日本移植支援協会の基金管理
http://www.ishokushien.com/kaikeihoukoku/sakurakessan.htm
さくらちゃん基金は患者さんのために有効に使われております(下記が明細です)
>2008年6月9日 「恵介くんを助ける会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 「大輔君を救う会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 「美里さんを救う会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 当協会(活動費として)へ200万円を寄付

Posted by: | 2008.08.04 04:19 PM

情報ありがとうございます。

長らく救う会関連の情報は見ていませんでしたが、公式サイトによれば約6000万円の剰余金があるワケなんですよね。

800万円を支出できる「さくらちゃん基金」について、公式サイトには載っていないっぽいですが、はたして…。

Yahoo!ブログ - 「救う会」について考えるブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sakurarode33

すでにご存知かもしれませんが、色々な「救う会」の様子を見守っておられる方のブログをご紹介。
各方面からの情報も集まりやすいようですので、参考までに。

Posted by: KEI | 2008.08.04 09:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「死ぬ死ぬ詐欺」を許さない:

« 貝の中の観音像 | Main | 森類臣氏の平壌滞在記 »