« 猛暑の東京五輪? | Main

2017.08.12

矛盾なのかどうなのか

株式会社政策工房の代表取締役会長である高橋洋一氏が、「特区ビジネスである会社でオレが荒稼ぎとかいうが事実でない」とか「一切の金銭を受け取ったことはない」と言っておられたので、なんのことだろうと検索。

こちら↑のツイートなどへの反論となるようです。

国家戦略特区に関する記者ブリーフィング 平成29年6月13日

株式会社政策工房の代表取締役社長である原英史氏は「国家戦略特区ワーキンググループ委員」として、国家戦略特区に関する記者ブリーフィングに進行役として参加。進行役だけでなく、記者からの質問に答えるなどしておられます。

平成27年9月5日官報政党交付金等に係る報告書の要旨 みんなの党 政党交付金に係る報告書の要旨

みんなの党からコンサルタント代として165万円×5、174万円×7の計2043万円をうけとっていることが分かります。政策工房は、政党などへのコンサルが業務のひとつであり、正当な対価と言えるでしょう。

「国家戦略特区ワーキンググループ委員」を引き受けることで報酬を得ているのかどうか知りたいところ。
こういうのは就任すること自体が大きなメリットであり、無報酬、もしくは低報酬だから問題ない…と断言できない話にはなるのでしょうけれど。

|

« 猛暑の東京五輪? | Main

経済・政治・国際」カテゴリの記事