150 posts categorized "アニメ・コミック"

2011.03.22

『はじめの一歩』95巻 これは…さすがに…

 ウォーリー戦でかなり不評を買っていたようですが、95巻の展開もかなりヤバげですね。
 94巻の板垣のオラオララッシュは僕的にはアリだったのですが、そちらも多くの人には不評でしょう。

 いや、不評ですめばいいんですけど、なんかもう、かなりアレなんぢゃないかとか心配したり。

 もちろん、面白くないんなら買わなきゃいいじゃん…ってのは正論ではあるのですが、自分の好きだった漫画がつまらなくなっていくってのは、かなり悲しいわけで。

 人によって意見は分かれるでしょうけれど、僕的には50巻や60巻代に至っても楽しく読んでます。これだけ長く巻数が続いていながら、この面白さ。そして、ゲドーやらウォーリーやらと、なんだか面白くない(僕的には)を繰り広げて、ようやく世界へ!と思っていたら、この95巻ですよ。

 いきなりゲーセンのパンチングマシーン叩いてなんぢゃそらと思わせられました。
 極めつけは、奥さんが身重。…そのネタは伊達さんの時にモウミタヨ。
 上の階級ってネタもゲロ道でもう使ったでしょ。
 試合にかけた悲壮感・相手を偽る手口ってのも、あの九州のタラコのおじちゃんの時に使ったネタ。

 この試合にどんな勝ち方をしようとも、漫画的に「一歩はついに世界へ挑戦するだけの力を身につけた」というハクをつけることは出来ないでしょう。

 各国のナショナルチャンピオン総なめにして世界への切符を手に入れる…という手口は、まあ、それなりに漫画として盛り上がる道筋だったとは思うんですよ。

 このザコが思惑通り「左」をぶちこんでくれば、一歩は「国内卒業」先延ばし。やっぱヘボだったかみたいな。
 このザコをボコボコに一蹴しても、一歩には何のプラスもありません。

 もう次の楽しみは冴木さんと板垣の戦いしかないですね…。

 いつかまた面白い『はじめの一歩』が帰ってくることを願いながら買い続けます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.09.06

フカザワナオコ『毎日がおひとりさま。』を読んでみて…

『毎日がおひとりさま。ゆるゆる独身三十路ライフ』(フカザワナオコ)を読みました〜。

 漫画として楽しむには、ちょっとゆる過ぎるというか、作中で「もうちょっとテンポを〜」と編集さんに言われてるようなコマがありましたが、そんなカンジ。
 時々挿入されてる4コマのほうがテンポはいいので、そっちのほうが向いてらっさるんじゃないかと思ったり。あと、独自色というか毒というか、そういう雰囲気がもそっと足りないかなぁとか。

Continue reading "フカザワナオコ『毎日がおひとりさま。』を読んでみて…"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.21

「でろでろ」読破して(`・ω・´)シャキーン。「はじめの一歩」91巻で(´・ω・`)ショボーン

Cocolog_oekaki_2010_03_21_22_24

でろでろ』(押切蓮介)全16巻を読破しました〜。
 いやぁ、なんつーか、この"世界"を堪能できたという充実感がありました。耳雄や留渦ちんと共に生きて成長できた感じというか。

 なにげに第2巻の巻末の多田克己さんの解説が秀逸でした。アキバの燃え萌え冥土話も面白かったですが、柳田邦男センセの「多くは信仰が失われて、零落した神々の姿が妖怪である」ってハナシが、かなり『でろでろ』の本質を突いているように思われました。

でろでろ』に登場する妖怪等は、少し見方を変えれば、まさに「神」と呼ぶにふさわしいモノがたくさん出てきます。100話の「エアメール」で出てきた「妖怪きびすがえし」の「迷い人のテレビ座席」ってぇのとか、善悪を超越した怖さがあったりとか。193話の「タタミガミ」とかも、神的要素が詰まってるカンジ。

 まあ、それらのことは置いといて、押切作品でお馴染みの「黒髪美少女」が一番恐ろしい妖怪でもあり、神でもあるナ…とか思ってみたりw
『猫背を伸ばして』を読むと、たんに押切蓮介さんの"どストライク"ってことのようですが、まあ、同感。黒髪でロングでクリアなカンジの美少女がヨイですよヨイですよ。
 世間の女の子は「軽い感じがイイのー」みたいに、ちょっぴり髪を茶色くしたりするのが当たり前になってますが、鬱陶しくて重い感じの黒髪と、黒々とした目ん玉にもっと活躍の場を与えてあげて欲しいのココロです。

Continue reading "「でろでろ」読破して(`・ω・´)シャキーン。「はじめの一歩」91巻で(´・ω・`)ショボーン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.24

『賭博堕天録カイジ和也編1』(福本伸行) ついでにバキと鰤

 講談社ヤンマガKC『賭博堕天録カイジ和也編(1)』を買いました〜。

 社長編?は小さい勝負のようでいながら、なんだかカタルシスを得て終了w
 で、和也編。とりあえず、導入部ということになるんでしょうか…ぶっちゃけ、この巻はつまんないですぅ(爆)。

「和也」というキャラクターに肉付けをせずにスタートしてしまったということなのでしょうけれど、1巻の前半はともかく、後半がヤバイっす(^^;)。
 見ていくうちに、この話がすんごく意味をおびてきてうならせられることになるのでしょうか???

Continue reading "『賭博堕天録カイジ和也編1』(福本伸行) ついでにバキと鰤"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.06

「C.D.A 若き彗星の肖像」 着実に将来への禍根を育むw


機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像(13)

 ファーストガンダムとZガンダムの間のシャア・アズナブルの奮闘を描いたこのマンガ。北爪宏幸氏の美麗な絵と、シャアの悪戦苦闘ぶりがナイスwな作品です(爆)。

 魂が命じるままに殺戮を繰り返せばよかったアムロやカミーユ、ハマーンらと違い、地球連邦の動向を気にかけつつ穏健派をまとめつつ再戦派をなだめつつ、気苦労が絶えないシャア大佐。
 Zガンダム放映時には、「赤い彗星の面影も無いほどに弱体化」したとも言われていたような気もしますが、これは仕方ないですw あれだけ味方からも敵からも攻められつつ神経をすり減らしていれば、弱体化しないほうがおかしいですw もう、敵も味方も暴走し放題。むしろよく耐えていると褒めるべきでしょう。アポリーとロベルトの助けがなければ、心労のあまり精神崩壊してもおかしくないレベルですw

Continue reading "「C.D.A 若き彗星の肖像」 着実に将来への禍根を育むw"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2009.03.21

"痛々しい"だけの漫画はヤダなぁ

「はじめの一歩」の最新87巻を買いました〜。
 宮田一郎氏には頑張って戦って頂きたいのところ。

 でもねぇ、「聖闘士星矢」の紫龍がやたら聖衣を脱ぎ捨てるのがお約束だったように、宮田くんの戦いはいつも必要以上に痛々しいのがお約束だったりするのがアレです。

 漫画として盛り上げるのはいいんですが、「はじめの一歩」は、そんなやり方をしてまで盛り上げる必要がある作品なのかどうなのか、どうも疑問です。

 この87巻なんかも、今までの比ではないほどの痛々しさ。88巻なんていったいどうなってしまうのかというカンジです。次の巻が楽しみ!などとは思えない展開です。

 板垣vs今井戦も痛々しくて見てらんないカンジでしたが、今回のみやーたの一戦はその上をいってます。

 宮田vs間柴の一戦も痛々しかったですが、その後のトーナメントの行方を含めてベタなお約束の展開として、比較的あっさりとベルトコンベア式に描写も終わっています。作者の技量も当時から高かったとはいえ、今ほどの緻密な描き方はしていなかったので、痛々しさもスポーツ漫画の表現として楽しめる範囲に収まっていました。
 手の骨が折れて皮を突き破りつつ戦ってるようなキャラも二人ほどいましたが、これも、まあ序盤だったり、すでに昔の話だったりしたので、演出のひとつとして楽しめました。

 でもねぇ、個人的には、この87巻のような描写や展開は、ちょっと楽しめる範囲を超えてしまってるカンジです。

 雑誌連載漫画としての宿命はあるでしょうけれど、「はじめの一歩」には、たんに表現のインパクトだけで勝負する作品にはなって欲しくないです。

 …まあ、とっくの昔になっちゃってる気もしますが(爆)。

Continue reading ""痛々しい"だけの漫画はヤダなぁ"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2008.08.27

江古田ちゃん、おもしれーw

 4コマ漫画「カラスヤサトシ」が面白い!

 というわけで(?)、そこから派生的に「臨死!!江古田ちゃん」も買い始めてみました(カラスヤサトシ単行本の中に、江古田ちゃんの作者のサイン会に参加したハナシが載っていたりした)。

 カラスヤサトシ単行本を読んだ時点では買おう!というトコロまでいってなかったんですが、先週本屋で江古田ちゃんの単行本を手にとって、オビに掲載されていた作品を読んで、気づいたら既刊3冊をまとめ買いしていたとw

Continue reading "江古田ちゃん、おもしれーw"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.06.28

ゴスロリ風味少女(下書き)

1

 下書きですが、これ以上作業を進める予定も無いまま数年放置してしまったのでageときます。
 本サイトのほう、もう更新するのメンドくなっちゃいましたし(爆)。

Continue reading "ゴスロリ風味少女(下書き)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.29

アニメ「めぐみ」を無料配信

アニメ「めぐみ」をコピーフリーでネット公開 政府、拉致問題訴え - ITmedia News

 エントリのタイトルに「無料配信」とか書くのも俗っぽいですが、「無料」と書いてあるとついついクリックしてしまうヒトにも反応して頂ければとか思った次第。

 日本語版だけでなく、英語・中国語・韓国語版もあります。

アニメ「めぐみ」 - 政府インターネットテレビ
アニメ「めぐみ」ダウンロードページ

声優は、めぐみさん役が高山みなみさん、滋さん役が山寺宏一さん、早紀江さん役が深見梨加さん。アニメ化を知った山寺さんの呼び掛けで集まったといい、全員ボランティアで引き受けた。

横田めぐみ:高山みなみ - Wikipedia
横田滋:山寺宏一 - Wikipedia
横田早紀江:深見梨加 - Wikipedia

 チベット問題について発言しているリチャード・ギアのCM起用を、中国を刺激しないために日産が破棄した。そんな話を聞いた直後だけに、著名声優さん方がこういった国際問題に積極的に関わってくれていることに感激しますた。

Blue9

Continue reading "アニメ「めぐみ」を無料配信"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.09.01

無防備ウーマン 第1話

無防備ウーマン

Continue reading "無防備ウーマン 第1話"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧