777 posts categorized "日記・コラム・つぶやき"

2011.03.12

ツイッターは良くも悪くも、たんなる「さえずり」である

 今回の地震の規模の大きさと被害の大きさに驚愕しています。被災地の皆様、知人などが被災された方、の心情を思い胸を痛めております。私自身は阪神淡路大震災を大阪で体験しましたが、今回の地震の「津波」には呆然としました。被災地の方の安全と早期の復興を祈念いたします。

 で、私自身も東北に知り合いや身内もいますし、まだ安否の分からない方もいるので不安な日を過ごしているのですが、twitterを見ていて少し考えさせられたことを書き留めておきたいと思います。
 今現在冷静さは欠いていると思うので(まあいつもそうですが、いつも以上に)、後で見返してみてなんだこりゃと自分で思う可能性も大だとは思いますが、まあ、それがその時の記録ということで。

 twitterを見ていると、色々情報が入ってくる中、公式RTや非公式RTで色々な情報が流れてきます。
 そんな中、「非公式リツイートは控えよう。必要な情報の検索がしにくくなる」や「ハッシュタグそのままの非公式リツイートは控えよう。ハッシュタグのリストが同じツイートで埋まってしまう」、また「震災関連以外のツイートは控えよう。必要な情報が埋もれるし、被災地で充電できない人の携帯電池を消耗させてしまう」といったツイートが数多く流れてきています。公式RTや非公式RTで。

 それぞれ、それなりにもっともだと理解はするのですが、根本的な部分で腑に落ちなかったりします。
 ツイッターは誰でもどこでも簡単に出来る通信手段として普及しているため、今回のような緊急事態において"効率的に有効に活用したくなる心情"は理解できるのですが、「ツイッターに頼る」というのがどうも腑に落ちないわけです。

 ツイッターの特性は、多くの人の発言が単純に時系列で"流れてくる"ことであり、使い方のひとつとして出現した「リツイート」も、今ではツイッターの主な利用法の中に組み込まれています。
 ツイッターの検索機能が貧弱なことと関連しているわけではないでしょうが、基本的には「今なにしてる?」というのがダラダラと意味も無く流れてくるだけです(けなしているわけでなく、ツイッターの魅力や楽しみ方のひとつがそこにあると思っています)。
 同じ発言が意味もなくダラダラとリツイートされて並び、被災情報に並んで、おふざけツイートが出現する。

 良いか悪いかはともかく、ツイッターはそういうもんじゃないかと。

「ツイッターの使い方が悪い人間がいるからそういうカオスな状況になる。それは悪だ」ということではないと思うのです。
 少し語弊がありますが、そういうカオスな状況が「悪」だと言うのなら、それは使い方が悪いのではなく、「ツイッター自体が悪である」、もしくは「ツイッターに有益な情報のみを求めることが悪」のどちらかだと思います。

 昨年あたりに、たしかリツイートで回ってきて目にしたのですが、耳が聞こえない人がツイッターにツイートがずらずらと並ぶのを見て"ガヤガヤと騒がしい"という状況をなんとなく理解した…ってツイートがありましたよね。そういうもんじゃないかと。

 ツイッターとはツイート(さえずり)の集積でしかないということ。ユーザーの努力で有益性を追求することも出来るにせよ、それすらもさえずりの海の一成分。

 同じような発言がリツイートされて流れてくるのは無駄だ…というのは正論ではありますが、そこも含めてツイッターだと思うわけですよ。
 同じような発言が無駄に多く流れてきて目にする機会が多くなる。それが「ツイッターの今」である、と。

 携帯電話やパソコン等でツイッター出来る状況にあり、余計なツイートを受信したくないほど緊急事態であるのならば、ツイッター以外の情報収集手段を探してみるのもいいのではないでしょうか。これは被災地以外の人についても同じことを言えると思います。
 私も阪神淡路大震災に遭っていながら、伝言ダイヤル等の緊急時の通信手段の情報を集めたり、家族や知人、仕事仲間等との緊急時の連絡体制について細かく話し合いが満足に出来ているかといえばそうではありませんでした。
 それが今回の「とりあえずツイッターを見てみた」という自分の行動に関する反省点です。

 もちろん、ツイッターを有益に効率良く使おうという試みを否定するものではありません。
 どれほどの支持を受けたか知りませんが海外のアーティストが行ったツイッターダイイング?みたいに、ツイッター上での発言をある期間止めることで空白を生み出すという手法もあります。今回のような緊急時に、ふとタイムラインを見ると、余計なツイートが消えて数日間地震情報のみになる…まあ、「美しい状態」とは言えなくもないかもしれません。
 個人的には、現在のままで十分そういう「美しい状態」だとは思いますけどね。地震が起きてタイムラインが地震情報一色になり、おそらくもう日がたつにつれ地震関連以外のツイートがじょじょに増えていく。ほとんどの方のタイムラインがおおむねそういう傾向ではないでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.09

マニフェストは金科玉条…?

Yahoo!みんなの政治 - マニフェスト講座 - Vol.3 公約とマニフェストの違い

 マニフェストと公約の違いはおいおい学んでいこうかと。(←ヲイヲイwと突っ込むところ)

 なんてゆーか、絶対正しい原理原則ってのはあるのか無いのか、時々疑問に思ったり。

 選挙出るからには、政治家は公約やマニフェストを提示すべき!ってのは絶対正しい原理原則だと思うけれど、公約やマニフェストは国民をだまくらかす罠にしかなりえないんじゃないかとも思ったり。

A「増税をしてこの国の未来を立て直します」
B「減税をして国民の生活を守ります」

 こんなことを言っているA・B二人の政治家がいたら、他の条件がフラットならば基本的にはBが勝ちがちではないかと思ったり。

Continue reading "マニフェストは金科玉条…?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.29

沖縄県民大会の意義ってなんなんだろう…

 沖縄で開催される県民大会。
 その参加者数に対して「本当は○万人しかいなかった」みたいな話が出ていることに対して(当サイトもそっち寄り)、実際に県民大会に参加された方々がブログなどで反論を掲載されたりしています。

 しかし、的を射た反論ならともかく、多く見られるのが、「渋滞していて会場にたどり着けなかった人が大勢いた」「帰りに渋滞するのがいやだったから途中で帰った人が大勢いた」「木陰に大勢いた」という報告。

 …なんとも貴重な現地のナマ情報です(苦笑)。正直過ぎる(・ω・`)

Continue reading "沖縄県民大会の意義ってなんなんだろう…"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2010.02.12

コンテンツと作者は不可分な面もあるのでわ?

Twitter / 津田大介: 俺は今でも岡村靖幸の音楽聴いたらいいなって思うし快楽 ...

俺は今でも岡村靖幸の音楽聴いたらいいなって思うし快楽的な意味でそれは不変的なものなのだけど、好きな音楽家がクスリで逮捕されたことで「裏切られた」って思う人がいるのは事実なんだよね。その感情は素朴に俺は理解不能だけど日本はそれだけコンテンツが社会的に消費されてる国ってことなのかな。

 うーん…頭がいい人はあらゆるモノゴトに対する基準を意識的に把握しようと努めているから、「理解不能」として切り分けてしまうのでしょうけれど、その「理解不能」な人と津田さんの間にはそれほど溝は無いような気もしたり。

 何つーか例えが悪いですが、たとえば、大好きだと思っていた女性アイドルが"実は男だった"ことが発覚すれば、「裏切られた」と感じて、そのアイドルの価値すら「下がった」と感じる人のほうが大半だと思うし、それはおそらく津田さんにも「理解可能」だと思うのですが。
(美味しいと思って料理を食べていたら、「ここの料理人、トイレ行った後に手を洗ってないよ」とか聞かされたらゲンナリ(死語)しがちですよね。平気な人もけっこういそう?)
(ビジュアル系バンドはなぜビジュアルに力を入れているのか、とか)

 上記のクスリの場合も、「理解不能」と「理解可能」の間が断絶しているのではなく、もっとゆるやかなつながりがあるのではないかと。

参照:NED-WLT : ラベリング効果 (labeling effect)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.28

Apple iPad 〜 なにか違う方向も見えてくるような…

アップル - iPad - ウェブ、メール、写真を体験する最高の方法。

 正直なトコロ、多くの人が思っているように"大きなiPhoneかiPod touchじゃん"的な印象を受けました。

 でも、欲しい! 今、MacBookを持ってなかったら即買いたいくらい。
 でも、MacBook Airを持ってるから、ちょっと立ち止まって考えたりもする。
 でも、やっぱ欲しい。iPhoneだけではやりづらいこともあるし、MacBook Airは常に持ち歩いているわけぢゃなかったりしますし。

 そんなカンジで迷ってるときにふと思いついたのが、これはMacBookの売り上げを幾分か喰ってしまうんぢゃないかという懸念と、それと関連しますが、WindowsともMac OSとも違う、新たなOSの先駆けとなるんぢゃないかという懸念。

Continue reading "Apple iPad 〜 なにか違う方向も見えてくるような…"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.08

eneloopの寿命?

 GPSBabelがバージョン1.3.7betaでSonyのGPSロガーGPS-CS3のログ形式に対応したので買ってみました。

 愛用のeneloop電池を入れて、早速おでかけだおhappy02

 で、外出先で数時間後、ふとCS3の画面を見てみると、電源がOFFになってるっぽい。てゆうかOFFになってるsweat01
 気を取り直して、再度電源を入れて歩き回ったりしてみましたが、やはりすぐOFFになってしまいますた。

 帰宅後に確認したところ、せいぜい2時間程度しかログられていません。
 eneloopは一晩充電しておいたので、満タンになっているハズなのですが…。

Continue reading "eneloopの寿命?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.08.28

かわいい寝言「こたつがなくなったら 私はどこに入ればええんやろう」


(楽天ブックスのサムネイル画像、クオリティ低ス(´・ω・`)ショボーン)

"日本で一番売れている4コマ"である『あずまんが大王』の新装版を買いました〜。たまに表情とかが『よつばと!』仕様になっているのがなんか違和感あったりもしますが、新作もありましたし、あらためて堪能できました〜。

 で、タイトルの「かわいい寝言」について。新装版3年生のP.13の「ヤドナシヤドカリ」の大阪さんのセリフです。

 4月cherryblossomに入った時点の話なのですが、家のコタツが片付けられてしもたことに対して、大阪さんが嘆いておられます。

「こたつがなくなったら 私はどこに入ればええんやろう」

 マジレスするなら、「寝言は寝て言え」とか「知らんがな」ってカンジですかね。

 で、なぜ急にこのセリフについて書いてるかとゆーと…

Continue reading "かわいい寝言「こたつがなくなったら 私はどこに入ればええんやろう」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.08.02

情報の一元化 メモかPDFかはたまた…

読書は1冊のノートにまとめなさい
』を読了し、『情報は1冊のノートにまとめなさい
』を読んでいる最中でございます。

 で、今までモヤモヤしていて実行しきれていなかった、「情報の一元化」について考えてみたいのことよ。

 上記、2冊の著者である奥野宣之さんは、「パソコンのデータはいつか消える」ものであることと、「いつでもどこでもメモがとれる」というのを実現できていないこと、「誰でも」といかないことを理由に、「すべてを1冊のノートに」と提唱した本を書かれたわけです。

 現在、僕はMacとiPhoneを使用しています。

 ある程度"多くの層の人々"に対応するために「すべてを1冊のノートにbook」という方法が提唱されたのであれば、それを僕用に落とし込んで考えれば、もっとパソコンや携帯機器を活用する運用方法があるのではないかと考えてみたり。
 奥野宣之さんの著作の中にも、そういう個々人でのアレンジが大切とかゆー意味のことがあちこちに書かれてたりしまふ。

 というわけで、若干、目的よりも手段を重視した方向っぽいですが(爆)、MacpcとiPhonemobilephoneを活用する情報の一元化術を考えてみたいと思います。

Continue reading "情報の一元化 メモかPDFかはたまた…"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.29

「桜行列」と書くと、なんだか美しいw

Yahoo!ニュース - 意識調査 - サクラで行列演出は問題あり?

 マクドナルドの「サクラ行列」を過剰に擁護する人たちに違和感を覚えたりらじばんだり。

 沖縄であった集会で、ろくに数えてもいないのに「11万人の大集結!」とか喧伝してましたが、PR手法として"何でもアリ"にしちゃうのは、やっぱ問題アリなのではないかと。

Continue reading "「桜行列」と書くと、なんだか美しいw"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2008.12.23

"成功しなければ意味が無い"と思っているのは誰なのか?

漫画のせいじゃない!麻生首相の読み間違い ココログニュース:@nifty

 炎上を利用してPVを稼いだかつてのオーマイニュースや、荒れるのが必至のコメント欄をわざわざ設置するニュースサイト(Yahoo!とか)みたいなカンジなのでしょうかね。@niftyでも、ヨタ記事にコメントできるサービスが始まっています。建設的な議論に使われればいいんでしょうけど、週刊誌的な記事では、なかなかそうもいかないだろうなぁとか思ったり。

 それはそれとして、麻生さん、漢字の読み間違えとかでも叩かれてるらしいですね。
 つまるところ、叩いている側の人は、「漢字もろくに読めないやつは政治の世界に出てくんな」とか思ってるわけです(まあ、僕も国語能力は政治家に必要だと思いますし、馴染みの無い言葉なら最初から使うなよとか思ったりもしますが)。

 ともかく、麻生さんを叩く側の人というのは、「学歴社会」とか「格差社会」みたいなのを嫌っているもんだとばっかり思っていたので、そういった人たちが麻生さんの漢字能力と政治資質を結びつけていることに違和感を覚えた次第です。

Continue reading ""成功しなければ意味が無い"と思っているのは誰なのか?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧